せどりとはどんなビジネス?メリット・デメリットを徹底解説!
Pocket

こんにちは。きょーすけです。

この記事ではせどりというビジネスについて詳しくお伝えしていきます。

せどりはネットビジネス初心者でも参入しやすく、なおかつ成果が出やすいです。

僕自身もせどりからネットビジネスを初めて2か月目で月収30万円稼ぐことが出来ました。

ですのでまだせどりを全く知らない人や興味がある人に向けてせどりのメリット・デメリットやせどりを始める際に必要なものなどをまとめましたので是非ごらんください。

せどりとはどんなビジネス?


せどりとは簡単に言えば安く仕入れたもの高く売る物販ビジネスのことです。

せどり=転売と思っていただける分かりやすいと思います。

実店舗やネット上で安くなっている商品を仕入れて
主にAmazonなどで販売して差額の利益で稼ぐといった手法です。

せどりは個人と言えど立派な物販ビジネスです。

物販ビジネスは昔はリサイクルショップのような実店舗を持つお店が転売するというのが基本で個人では敷居が高いビジネスでした。

しかし現在はインターネットの急速な普及、
それに伴ない情報入手が容易になったことや、
Amazonという優秀なプラットフォーム、作業を半自動化出来るFBAという存在などのおかげで個人でも簡単に参入出来て結果も出やすい再現性の高いネットビジネスとなりました。

物販をするために実店舗を持つ場合、
土地や家賃、光熱費、人件費など様々な費用がかかってきますがネット上では月額数千円で自分のお店を構える事が出来ます。

その他かかる費用も実店舗を経営する事に比べれば天と地の差です。

また個人が参入しやすくなったもう一つの理由として商品の価値や相場を手軽に調べることが出来るツール、サイトが出来たことなどもその要因となっています。

それではここからせどりのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

せどりのメリット


・再現性の高いネットビジネス 

安く買って高く売るというスタンスのビジネスなので間違った仕入れの仕方をしない限り大きく失敗することやお金を失う事がありません。

また始めたその日からでも出来て仕事量が稼げるというのも魅力の一つでほかのネットビジネスにはなかなかないのではと思います。

 

・即金性の高さ

例えばネットビジネスで有名なアフィリエイトなどは利益が発生してから振込まで数ヶ月のタイムラグがありますがせどりはAmazonで販売していれば2週間に1回売り上げの振込があります。

 

・専門的な知識や特別な能力が必要ない 

せどりの大きなメリットの1つに初心者でも気軽に参入できるという強みがあります。

最低限覚えなければならないことももちろんありますが基本的にはツールやサイトに頼ることが出来るので知識がなかったり頭が悪かったりしても問題ありません。

せどりのデメリット


・資金が必要 

せどりは物販ビジネスなので当然仕入れるための資金が必要になってきます。

資金数万円で本格的に始めていくというのは無謀かなと思います。

副業なら10万円以上、本業でやるなら100万円以上の資金があるといいですね。

また資金がない状態でもクレジットカードを使うことで赤字状態からスタートすることもできますが商品の回転率やクレジットカードの支払日、Amazonからの入金日などをしっかり把握できていないと黒字倒産する可能性もありますので初心者にはおすすめしません。

しっかり資金を作って余裕をもってせどりをしましょう。

 

・管理するものの多さ

せどりはもちろんビジネスなのでやるべき事は多いです。

自分のお店の経営管理を始め、レシートの管理や税金面、金銭管理など始めたばかりでは整理が上手く出来なくなる可能性もあります。

ですが最低源、やるべき事さえ押さえておけばさほど問題はありません。

実際僕も税金面などに関しては知識があまりありませんしね。

 

・基本は労働作業 

せどりは店舗間の移動や仕入れ作業、荷物運び、出品作業、商品発送作業、その他でも価格改定や顧客対応など労働作業が多いです。

しかしある程度は作業を自動化する事が可能です。
というより全てを一人でやると稼げても全く時間に余裕の無い生活になってしまいます。

出品作業などは出品代行会社を使う事が出来ますし、発送作業や顧客対応はAmazonのFBAを利用したり人を雇う事によって自動化出来てしまいます。

更に極めれば仕入れなどの根本的な作業も自動化する事が出来ます。

 

・作業スペース、商品の置き場所が必要

ネット上とはいえ、物販をする訳ですので必然的に作業場所が必要となってきます。

パソコンやプリンタ、梱包資材の置き場所や商品自体の置き場所、作業をする場などある程度の広さが必要です。

1Kのアパートなどですと、商品に埋もれながら作業をやる形になってしまいます。

以上が簡易的なせどりのメリット・デメリットでした。

せどりを始める際に必要な道具


実際にせどりを始めるにあたって何が必要なのか?

こちらでは最低限必要なものを紹介します。

・携帯電話(パソコン)

せどりはネットで商品を売っていくため、ネットを使える環境が当然必要になってきます。

そのほかにも仕入れをする際に商品の相場を調べるためにツールやサイトを開くために使うので必須です。

パソコンは最悪なくても出来ますが効率よく稼いでいくためにも持っておいたほうがいいでしょう。

安いパソコンなら数万円で買うこともできるのでせどりを始める際はパソコンも購入しましょう。

 

・銀行口座

Amazonから売上金を振り込んでもらうために必要になってます。

売上金を振り込んでもらう場所がなければどうしようもないですからね。

また銀行口座は普段使用している口座とせどり用口座をあらかじめ分けておくとせどりに対してのお金の変動や確定申告の際などに役に立つので別口座を作りましょう。

おススメは楽天銀行ジャパンネット銀行です。
どちらも大手で安心して使用できます。

 

・クレジットカード

クレジットカードはAmazonで商品を販売する際に必要になります。

諸事情がありどうしてもクレジットカードが作れない場合はデビットカードでも可能なのでどちらも持っていない人は作っておきましょう。

またクレジットカードの中にはポイント還元してくれるカードがあります。

せどりを始める場合、必然的に仕入れでお金を使うので現金で常に仕入れをするかクレジットカードで常に仕入れをするかで長い目で見れば大きな差が開きます。

例えば100万円仕入れに使ったとして現金の場合はもちろん特に何もないですが1%還元してくれるクレジットカードで仕入れをした場合は1万円分のポイントが付与されます。

単純に考えて1万円分得をするということなので仕入れにもクレジットカードは使う機会が多いため、持っておいて損はないです。

 

・梱包資材

仕入れした商品の検品、発送の際に使用します。

今ではAmazonのFBAを利用することによって販売のほとんどを丸投げできますがそれでも商品の値札はがしや商品をFBAに送るための段ボールなど最低限必要なものはありますので揃えておきましょう。

 

・資金

せどりは物販ビジネスなのである程度の資金が必要になってきます。

最低でもせどりに対して10万円以上の資金はないと厳しいと思います。

Amazonからの入金は2週間に1度なので仕入れ資金が少なすぎると仕入れに使うお金がなくなり黒字倒産しかねません。

その為にも安定してせどりで稼ぐためにある程度の資金は初めから用意するようにしましょう。

100万円以上資金があれば安心できるかと思います。

 

・ツール・サイト

これは商品の価値や相場を調べるために使います。

せどりを始めても何を仕入れていいか、何に価値があるのか全く分からないですよね?

ですがツールやサイトを使うことによってその商品がどれぐらいの価値が合って、どれぐらい価格差があって、どれぐらい利益が取れるかを瞬時に調べてくれます。

せどりはそういった検索ツールがあるおかげで個人でも簡単に稼げるようになったと思います。

有料、無料ツールどちらもありますが初心者のうちは無料ツールでも十分です。

機能は有料ツールに比べて落ちますがそれでもツールを持っているか持っていないかでは大違いです。

有料ツールに投資するだけの価値があると感じてきたら有料ツールに変えていくといいと思います。

おススメの無料ツールとサイトを載せておきます。

モノレート

モノレートはAmazonの商品相場と売れ行きを調べれる無料サイトになります。

せどりをやるうえでモノレートは切り離せないサイトです。

せどりすと

せどりすとは商品検索ツールになります。

商品のバーコードを読み取るか商品名で検索すればAmazonとの価格差を教えてくれます。

無料で使い勝手もいいのでダウンロードしておきましょう。

せどりにはどんな仕入れ店舗があるのか?


せどりは大きく分けて店舗せどりと電脳せどりがあるのですが今回は店舗せどりの仕入れ先について解説していきます。

店舗せどりには簡潔にどのような場所で仕入れが出来るのかお話しします。

昔はせどり=ブックオフというイメージが強かったですが現在は様々な店舗でせどりが可能になっています。

中古店舗せどり

・ブックオフ

言わずと知れたせどりの王道の仕入れ店舗ですね。

中古本から始まりCD、DVD、ゲームなど様々な商品が仕入れできます。

店によってはトレーディングカードやおもちゃや家電などを置いているお店もありますのでまだまだ仕入れることが出来ます。

最近ではセット本せどりや組織を組んでの自己配送などの仕入れの仕方もあります。

 

・ハードオフ

中古商品を取り扱っている方ならお世話になっている人も多いはずです。

こちらでも様々な商品を仕入れすることが可能です。

CD、DVD、ゲーム、おもちゃはもちろん仕入れできますし、ポータブルメディアプレイヤーなどの小型家電や音楽機器、更にはジャンクコーナーでも仕入れできます。

特にジャンクコーナーは意外にもお宝商品が眠っていて最近では5000→25000や300→17980になって売れた商品などもあるので要チェックです。

 

・セカンドストリート

こちらはリサイクルショップの王道ですね。

セカンドストリートは他のリサイクルショップに比べて商品の状態が詳しく記載されているところや商品自体の質がいいですね。

そして何といっても初回限定10%オフクーポン誕生日月にも10%オフクーポンが使えるのは他の店舗にはないセカンドストリートの特徴です。

1万円分の仕入れなら1000円、10万円分なら1万円割引されるので10%の割引効果は大きいです。

その他にもホビーオフやお宝市場やリサイクルショップなど中古商品を扱うお店ならほとんどの場所で仕入れができる様になっています。

もちろん中古だけではなく新品商品もせどりすることが出来ます。

新品店舗せどり

・ドン・キホーテ

新品ならドン・キホーテは有名なせどり店舗ですね。

とにかく安さに売りのあるドン・キホーテですからもちろん仕入れも可能です。

家電やカー用品、おもちゃなどはもちろんのこと食品などもドン・キホーテでは仕入れすることが出来ます。

また店舗が長時間営業されているのでせどらーにとってはうれしいところです。

 

・コストコ

会員制の大型ショップですね。

卸売り価格なので価格がとても安く、大量買いも可能です。

もちろん価格競争には注意を払わなければなりませんが、効率よく仕入れが出来ますね。

年会費4,320円ですが近隣にコストコがある方は会員になっておいて損はないでしょう。

 

・家電量販店

Unicode

家電量販店全般でも仕入れすることが出来ます。

ディスカウント商品や展示品などが狙い目です。

また値段交渉や多店舗の在庫を調べてもらうことなども仕入れするためにはかかせないので積極的に店員さんと親しくなっていきましょう。

新品商品も中古商品も今ではオールジャンルで仕入れすることが出来ます。

ここで挙げた店舗はせどりによく使われる代表的な店舗をいくつか上げただけであってそのほかにも様々な店舗で仕入れすることが出来ます。

まだ仕入れ店舗先が少ない人はとにかく行動して沢山の店舗に行ってみてください。

もちろんいきなり仕入れできるわけではないですが少なからず何か気付きがあると思います。

行動していきそこに修正を加えて効率のいい仕入れができる様に頑張りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

せどりがどんなビジネスでどのようなメリット・デメリットがあるか分かってもらえれば幸いです。

せどりは誰でも始めやすいですし、正しい方向で行動すれば一定の結果は出すことが出来ますので初めてのネットビジネスとしておススメします。

このブログはネットビジネスが主体のブログですのでせどりに関してはあまり記事にしませんがLINE@やメルマガではせどりについても色々情報を流しているのでせどりに興味がある方は是非登録してみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

プレゼント付きメルマガ登録はこちらからどうぞ

プレゼント付きLINE@はこちらからどうぞ

友だち追加

またID検索の場合は【@euo1412b】で検索お願いします。

ブログランキング参加してます!
運営の活力のためにも1ポチお願いします!

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村